三和鋼業株式会社
津波防御扉

PRODUCT
商品・施工例

津波防御扉

特徴

東日本大震災では従来型の防潮扉では防ぎきれないほどの大津波により多くの建築物が被害を受けました。
今後は、建物自体はもちろんのこと開口部分にも津波に対する強度が求められ水の侵入から設備や製品の被害を最小限にする対策が必要となります。このたび弊社では、減災という観点から津波に耐えられる津波防御扉を試作改良中です。建物の開口部分(出入口やサッシ窓など)を全て鋼製扉で密閉する構造となっておりあらゆるものの侵入を防御する今までにないまったく新しい扉となります。

施工実績

過去の施工実績はこちら

お問い合わせ・資料請求
TOPへ