三和鋼業株式会社
ABOUT 大型ドアの三和とは?
  ・会社紹介動画は こちら>>
三和鋼業株式会社のロゴ
三和の想い
重~いドアを軽~く安全に動かす会社
情熱、実績、工夫

三和鋼業は1970年の創業以来、「大型特殊扉の独創性と技術力で、 社会の安心安全な未来に貢献する」という気概を常に持ちながら、 お客様のご要望にお応えして製品を開発してまいりました。
長年の実績により培った確固たる商品力や、 あらゆる場面に真摯に向き合ってきた対応力(しなやかさ)を礎として、 今後もあらゆる「あったらいいなあ!」を実現するべく、 社員一人ひとりの専門分野における技術向上と、 それら個の力を結集した強い組織作りに取り組み 「技術力の三和鋼業」としてお客様の信頼に応えてまいります。
安心安全な未来のために・・・・・三和鋼業の挑戦です。

三和の技術
宇宙ロケットの格納庫から防爆ドアまで作ります。

三和鋼業は、約半世紀にわたり培ってきた独自の技術力により、誰も作ったことのない安全な扉を製作・施工いたします。 さらに施工後のメンテナンスまで責任を持って手がけることで、人々の生命と資産を末長くお守りします。

業務プロセス
01
下矢印
開発
三和鋼業は、受注設計・生産だけでなく、自社オリジナル技術・商品の開発に余念がありません。 また、蓄積された技術、デザイン、ブランドの保護を積極的に行うことで、独自ノウハウの強化にも努めています。
02
下矢印
製品化
三和鋼業は、主に岡山工場において扉本体及びレールを製作します。 製作後は社内検査を経てお客様の立会い検査を行い、必要な手直しを行った上で出荷します。
03
下矢印
品質管理
三和鋼業の製品はできるだけ多くの部品を完成品の外部調達に頼らず、自社内で製作します。 そのため品質を確実に管理することができ、また長年の経過後でも再製作が可能です。
04
アフターメンテナンス
三和鋼業は、製品の引き渡し後に定期的な保守点検を行います。 長く、安心してお使いいただくため、お客様とご一緒に設備性能の維持に努めます。
NETIS(新技術情報提供システム)に登録

国土交通省では、新技術の活用のため、新技術に関わる情報の共有及び提供を目的として、 新技術情報提供システム(New Technology Information System:NETIS)を整備されています。 NETISとは、国土交通省のイントラネット及びインターネットで運用されるデータベースシステムです。 このたび、大型扉を施工するときに従来より作業効率、精度の向上および工期短縮となる工法として 台車方式工法を申請し、新技術として平成24年3月17日付で近畿地方整備局に認証されました。

現場写真1
現場写真2
新技術名称 大型扉台車方式建て方設置工法
NETIS登録番号 KK-110059-A
施工概要 製作工場にて下部駆動装置部(台車)をユニット化し、現場にて台車、上部骨組をクレーンで建て方作業する。
改善点 1.安全性
従来の施工方法では大型扉という重量物を動かすことが大変危険でしたが、 新工法では台車方式なので吊り上げる部材の重量が大幅に軽減されますので、 作業員の安全性が格段に向上します。
2.省力化
施工に使用するクレーン等の重機が従来に比べて省力化できるため 作業に必要な経費を大幅に削減できます。
3.省スペース
従来工法は地組するため作業スペースが必要でしたが、 新工法では建物に直接組み立てていくため作業スペースが不要です。
4.天候による影響
従来工法は、地組する際に降雨など天候に左右されることが多かったのですが、 新工法ではほとんど影響を受けません。
大型ドアの仕組み
三和の大型ドアを知る。
大型ドアの構造 〔手動大型ドア〕 〔電動大型ドア〕

大型ドアはさまざまな精密部品で構成されています。

三和の大型ドアを知る。
1 上レール 扉走行用車輪。軌条レールの上を車輪が走行します。
2 倒れ止め 倒れ、煽り止め(あおりどめ)等の部材。
3 ガイドローラ 扉走行用ローラ。上レール間にてガイドローラが可動します。
4 トロリーダクト 開閉用電源装置。外部電源盤→トロリーダクト→扉制御盤・制御盤から各機器へと繋がります。
5 パトライト 警報器・電子音回転灯。扉走行時、電子音・回転灯が点灯します。
6 操作スイッチ 扉開閉の押ボタンスイッチ。押下時、扉が走行します。
(安全のため、押切操作)
7 制御盤 電気機器制御盤。
8 下部ストッパ 扉開時、戸当り。
9 下レール 扉走行用レール。軌条(きじょう)レールと呼びます。
10 車輪 扉走行用車輪。軌条レールの上を車輪が走行します。
11 リミットスイッチ 開閉位置検知用。
12 モータ 駆動用モータ。車輪とチェーンで繋ぎ駆動させます。
電動オプション
・ペンダントスイッチ、無線 ・タッチパネル
その他オプションについてはお問い合わせください。
大型ドアの規模
大型ドアの規模
〔 手動大型ドア 〕 〔 電動大型ドア 〕
扉幅(DW) 2.5~5m 5~30m
扉高さ(DH) 5~10m 6~22m
総重量 3t程度まで
上記条件を目安に
制作致します
〈 当社標準仕様 〉
走行速度7m/min(風速13m/sとして)
操作方法扉本体据付の操作スイッチによる押切操作
駆動装置電動モーター
給電装置トロリーダクト
警報装置パトライト・ブザー
開閉制御リミットスイッチ(接触型)
★安全対策
操作スイッチは進行方向のみとし、 速度は人が歩く速度よりも遅く設定しているので、 運転者が扉と追従し目視確認が十分にできると考えます。
※大扉に接触、又は挟まると大事故の原因になる事を確認して頂く必要があります。
〔 手動大型ドア 〕
扉幅(DW) 2.5~5m
扉高さ(DH) 5~10m
総重量 3t程度まで
上記条件を目安に制作致します
〔 電動大型ドア 〕
扉幅(DW) 5~30m
扉高さ(DH) 6~22m
総重量
〈 当社標準仕様 〉
走行速度
7m/min(風速13m/sとして)
操作方法
扉本体据付の操作スイッチによる押切操作
駆動装置
電動モーター
給電装置
トロリーダクト
警報装置
パトライト・ブザー
開閉制御
リミットスイッチ(接触型)
★安全対策
操作スイッチは進行方向のみとし、速度は人が歩く速度よりも遅く設定して いるので、運転者が扉と追従し目視確認が十分にできると考えます。
※大扉に接触、又は挟まると大事故の原因になる事を確認して頂く必要があります。
お問い合わせ・資料請求
TOPへ