台風への備え(3)

突然の水害に対処する・・・想定外の事態にどうしますか?
このごろ 本当にいろいろな企業様からお問い合わせを頂戴します。
その際に、水門基準まで求められる場合があります。

防潮扉である性能については 現状の設計基準でも充分耐え得る
性能であることを証明できるのですが、水門となりますと
24時間水中にある状態まで考慮した基準ですから、まず想定が違うわけです。

前回ご紹介しました防潮扉に水門基準をあてはめると
扉の厚みが約3倍、扉全体の重量も約3倍になります!つまり30トン!!
さすがに、重~い扉を軽~く動かす弊社でも、てこずりますわ~。

じゃあ、お値段は??? ビックリ価格ですよね。
確かにこれ以上ないほどの重量感のある扉で守られることでしょう。
でも、その扉がド~ンとあって、日常生活に違和感は無いのでしょうか?

安心安全のために、必要な扉ではあるけれど
緊急時ではない日常生活にも、普通に使用できるものであってほしい・・・
まるで生活に寄り添うように安心していただきたい・・・
私たちがご提案する防災減災製品のポリシーです。

     本日も、ご安全に!!      BY MI



カテゴリー: お知らせ   パーマリンク

コメントを残す